なりらいふ

東京・北九州を往復するWeb屋ナリシゲのブログ

楽して儲けようと思っているからSEO会社の電話営業に騙される

ナリシゲ(@nari_104)です。

Web屋としては、SEO(=検索エンジン最適化)に関する知識とスキルは欠かせません。

私が考えるSEOは訪問ユーザーのことを考えたサイト、コンテンツを作ること

「キーワード」がどうしたなどといった、小手先のテクニックではありません。

 

SEO界隈で著名な辻正浩さんが、こんなことをつぶやいていました。

SEOについては、私は常々こう考えています。

営業電話で、さも効果が抜群であるような言葉を並べるSEO会社は当然問題なわけですが、そんな詐欺的な話に騙される企業側に非はないのか、と思うんです。

なぜ悪徳SEO会社に騙されてしまうのか

悪徳SEO会社の電話営業に騙されてしまう理由は大きく以下の2つでしょう。

  1. 知識がないから
  2. 楽して儲けようと思っているから

知識といっても、SEOに関する知識ではなく世の中にそんなうまい話があるはずがないという知識です。

キーワードを入れるなどといった小手先の作業だけで「検索順位が絶対上がる」などということはあり得ません。それが可能なら皆やってるはずですから、自分のところだけが順位が上がるということは考えにくいです。

まあ、「うまい話はない」などと分かってはいても、もしかしたら、などと思ってしまうのかもしれませんね。

楽して儲けようと思うことは悪いのか

私が考える、悪徳SEO会社の電話営業に騙されてしまうもう一つの理由は「楽して儲けようと思っているから」。

いや、楽して儲けようとする自体はいいんです。最小の労力で利益を最大化できれば、こんなに素晴らしいことはありません。

しかしながら、楽をするための試行錯誤は必要です。

何も考えずに、全てを外部に丸投げするのは「楽をする」とは言いません。

Webサイト(ホームページ)の運営について少しでも考えれば、全てを外注化することのリスクは容易に想像できます。仮に外注化する場合でも「丸投げ」はあり得ません。

そのことを理解できずに「自社でWebサイト(ホームページ)の制作・運営をすることは無駄」などといって全てを外注化してしまうような中小企業のおっさんが、悪徳SEO会社の電話営業に騙されてしまうんですよね。

騙されなかったのは良いけれど……

以前の取引先の中に、SEO会社の電話営業で得た知識を私にぶつけてきて、「SEO対策をやってくれ」と言われたことがありました。

SEO会社に頼むと費用が高いので、同じ作業を(比較的安価で済むであろう)私にやらせようと思ったようなんです。

「キーワードが~」「外部リンクが~」などあれこれ言ってきましたが、丁重にお断りしました。

 

それ以来、私がWebサイトの制作を依頼されたときは、納品時にお客様に必ずこう言うようにしています。

 

「SEO会社の電話営業には取り合わないでください」

 

もちろん、Webサイトの制作時に(要件によりますが)ある程度のSEOは施していますし、運用の中でSEOが必要になったときにも対応できるような作りにしています。

さいごに

言うまでもなく、悪徳SEO会社の行為が悪いのですが、「知識をつけること」と「Webサイト(ホームページ)の運営を丸投げしないこと」で被害は防げると思うんですよね。

 

あと、SEOに強く期待する人ほどSEO会社の電話営業に騙されやすいと思うんです。

期待するなとはいいませんが、その前にまずは訪問ユーザーのことを考えたサイトを作りましょう。

 

 

それが本来のSEOです。