「嫌いな行動を取る人」と距離を置くススメ

ナリシゲ(@nari_104)です。

半年ほど前にこうツイートしました。

半年経って思うのは、やはり「嫌いなことはやらなきゃいいし、嫌いな人とは距離を置くべき」ということです。

もう少し丁寧に書くなら「嫌いな行動を取る人とは距離を置くべき」です。

 

私が嫌いな行動は「陰で他人の過去を話す」

私が一番嫌いなのは、「陰で他人の過去をペラペラ話す人」。

具体的に言うと、私のことを、私のいないところで「あの人は昔AVの会社で働いてた」と言うような人です。

私が過去の仕事のことを話すときは、相手を選んで、そしてタイミングを見て話をしています。

ブログにも書いていますし、今更隠すようなことでもありませんが、「元AV会社」が先走るとロクなことにならないんです。

blog.nari.life

皆が皆、AV業界を正しく知っているわけではない(もちろん私も正しく知ってるか疑問)ので、他人から聞いてしまうと変な先入観がついてしまうんですよね。

業界を離れて10年以上経つのに、「エロが大好きなんでしょ?」「堅気じゃないですよね?」「出演しているのは本当に女子社員ですか?」などという質問を投げかけられるのは、なかなかの苦痛です。それもよく知らない相手から。(ちなみに答えは全てNOです)

まあ、そういう「他人の過去をペラペラ話す」行為はロクなもんじゃないですよ。

「嫌いな行動を取る人」と距離を置くススメ

もちろん、「他人の過去をペラペラ話す」行為は嫌いでも、その人の人格全てを否定するものではないです。頭のてっぺんから足のつま先まで大嫌いというわけではありません。

その人の良いところを見つけて、嫌いなところには目をつぶり、仲良くしていくという考え方もあるでしょう。

私はそういった考え方を否定しませんし、実際そのように考えていた時期もありました。

 

しかし、人付き合いのストレスの原因は「人」じゃなく「行動」なんですよね。

「あの人が嫌い」より「あの行動が嫌い」と考える人のほうが多いのではないでしょうか。

ですから、「あの人の良いところを見つけよう」とどんなに頑張っても、嫌いな行動が目に入った時点でアウト。すごくストレスを感じるはずです。

 

私は、ある時期から「自分が嫌いな行動を取る人」とは距離を置くようにしました。自分だけストレスを感じるのはバカバカしいので。

私が嫌いな行動は「他人の過去をペラペラ話す」の他、「金払いが悪い」「謎の上から目線」等々。

 

そうやって何人かと距離を置いても、人付き合いで全く困らないんですよね。実際、自分が嫌いな行動を取る人なんてそんなにたくさんいるわけでもありませんし。むしろこうすることで、付き合い続けている相手との関係も深まったような気がします。

そしてなんといってもストレスが大きく減るのが嬉しい。人付き合いのストレス半端ない。

私のこの行動は、「人の良いところ」を見落としてしまい、人付き合いを狭めてしまう悪手かもしれませんが、「人の良いところ」を見るために、何かを我慢することなんてバカバカしいと思います。

そんな我慢の先には、何もありません。