なりらいふ

東京・福岡・北九州のWeb屋ナリシゲのブログ

Jリーグ・ギラヴァンツ北九州の本拠地ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)を取材した理由

【ナリシゲのプロフィール】

福岡県北九州市出身。東京都在住。目標の2拠点生活に向け月1回程度帰省中。
フリーランスのWebプランナー(企画・運営支援・サイト改善)

TechRepublic(朝日インタラクティブ)でGoogle Analytics解説記事連載中

北九州市を正しく伝えるブログメディア・キタキュースタイル運営
ヘルプマーク推進サイト・ヘルプマーク.info運営
フリー写真素材サイト・ぱくたそで フリー素材モデルとして活動中

詳しいプロフィール・お問い合わせはこちらから

ナリシゲ(@nari_104)です。

本日(9月26日)、私が運営する「キタキュースタイル」で「北九州市の新しいシンボル・ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)を徹底紹介」というタイトルの記事を公開いたしました。

タイトルから分かりますように、2017年2月にオープンした「ミクニワールドスタジアム北九州」の紹介記事です。

こちらがミクニワールドスタジアム北九州。Jリーグ・ギラヴァンツ北九州の本拠地です。

f:id:nari_104:20170926162613j:plain

今日はこの記事にまつわる話を書いていきたいと思います。

 

まず、この「キタキュースタイル」というサイトの立ち上げまでの流れを簡単にご説明いたします。

ある日、私の地元・北九州市の観光地について検索してみたところ、検索上位に出てくる「RETRIP」などの記事のクオリティが予想以上に低く愕然としました。

どの記事も、実際に足を運んで書かれた記事ではなく、ネット上の記事を継ぎはぎしたものばかりですので間違いが多く、北九州市が“正しく”伝わっていません。

私自身は元々、観光記事やグルメ記事は実際に行った人、食べた人のものが評価されるべきであると考えています。

旅行系キュレーションメディアに載っているような程度の低い記事を一掃するためには価値のある記事を増やしていくしかない、と考え、“北九州市を正しく伝えるブログメディア”「キタキュースタイル」を2017年6月15日に立ち上げました。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

blog.nari.life

旅行系キュレーションメディアのクソ記事は、程度が低いとはいえgoogleの上位に表示されています。実際に足を運ぼうが、ネット上の記事を継ぎはぎしようが、情報が間違ってようが、google先生には関係ないことなのかもしれません。

また、旅行系キュレーションメディアに載っているような広く浅い(そして間違っている)情報で満足する人も、それなりにいるのでしょう。

そんな中で、私がやるべきことは「価値のある記事」を増やしていくことしかありません。

そこで考えたのが、「取材記事」を書くこと

これなら旅行系キュレーションメディアに悩まされることもありません。

早速、ミクニワールドスタジアム北九州に取材の依頼をしたところ、すんなりOKが出て1週間後の取材が決まりました。

取材先にミクニワールドスタジアム北九州を選んだ理由は以下の通り。

  • マスメディア以外の取材記事が存在しなかったこと(たぶん)
  • 今後北九州市のシンボルとなり得る施設であること
  • サッカー観戦を始めたばかりなので行ってみたかった

当日は誰もいないスタジアムで、担当の方のご説明を聞きながら90分間、ひたすら撮影していました。

普段はまず入れない放送席なども案内していただくなど(これは正直期待していなかった)とても親切に対応していただきました。

例えばこの写真。記者席からのもので、まず一般の人はこの角度での撮影はできません。

f:id:nari_104:20170926173630j:plain

反対側から撮ったこの写真も、試合開催日にはまず撮れない写真です。(試合開催日にはお客さんがいるので)

f:id:nari_104:20170926174006j:plain

今回の取材で一番驚いたのは、ミクスタがお客様のことをよく考えて作られていることです。特に、授乳室や更衣室が備えられていて、女性には非常に優しい作りです。

詳しくは、取材記事をご覧ください。

正直、今回の記事「北九州市の新しいシンボル・ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)を徹底紹介」はgoogleからの評価より、読んでくださった方からの評価が欲しいです。

北九州市に住んでいる方、北九州市出身の方、ギラヴァンツ北九州のサポーターの方、他Jリーグのチームのサポーターの方、たくさんの方に読んでいただきたいと思っています。

kitaq.style

最後にひとことだけ。

この立派なスタジアムがあることを、北九州市に住んでいる方、北九州市出身の方はもっと誇っていい。

きっと北九州市の新しいシンボルになります。