なりらいふ

東京・福岡・北九州のWeb屋ナリシゲのブログ

「人に教える」「人から教わる」は無料で行わずにお金を介在すべき

【ナリシゲのプロフィール】

福岡県北九州市出身。東京都在住。目標の2拠点生活に向け月1回程度帰省中。
フリーランスのWebプランナー(企画・運営支援・サイト改善)

TechRepublic(朝日インタラクティブ)でGoogle Analytics解説記事連載中

北九州市を正しく伝えるブログメディア・キタキュースタイル運営
ヘルプマーク推進サイト・ヘルプマーク.info運営
フリー写真素材サイト・ぱくたそで フリー素材モデルとして活動中

詳しいプロフィール・お問い合わせはこちらから

ナリシゲ(@nari_104)です。

8月中旬に、取引先のスクールの生徒さん向けにブログとSNSを使った集客のセミナーを行うことになりました。

昨年11月に続いて2回目の実施。楽しみです。

 

「ブロガー」「SNSの専門家」と謳っていない私がなぜこういった内容のセミナーの講師ができるかといいますと、言うまでもなく取引先からの依頼だからです。

私より優れた「ブロガー」「SNSの専門家」は数多くいますが、取引先にとっては私が(今のところ)いちばんインターネット関連に詳しい人なんです。

関連記事▶仕事を増やすには最新のスキル習得より「目の前の人にとっての一番」であればいい

今回、2回目のセミナーをやるにあたっては、テーマである「ブログとSNSを使った集客」について自分の知識を整理し、アップデートします。

前回のセミナー実施時に作成した約100ページPowerPointの資料は、前回の反省点を踏まえつつ精査し、修正していきます。

このセミナーがいつまで続くかは分かりませんが、仮に今後なくなったとしても、いや現時点で私にはこのブラッシュアップされた知識と資料が残り、そして「セミナー講師の経験」という実績を持ち合わせることとなります。

「お金」が双方の意識を変える

それではここから、「人に教える」こと、「人から教わる」ことについて考えてみたいと思います。

当然ですが、このセミナー講師の仕事はギャラが出ます。そしてセミナーを受ける人たちもお金を払っています。

私はギャラをもらうことで、より身を入れて事前準備を行いますし、セミナーを受ける人はお金を払っていることで、より真剣にセミナーを受講します。

巷でよく見かける「無料セミナー」「無料でブログのアドバイスをします!」の類はどうでしょうか?

これらは少なくとも、受ける側の金銭的負担はゼロです。

お金を払わずに得られる知識なんてそれなりのものでしょうし、知識を身につけようにもお金を払っていないことで甘えが出てしまいます。知識が身につかなくても、金銭的損失はゼロですので。

教えるほうもノーギャラというケースは、「教える」という行為が自分のブランディングのために行われたり、またはセミナーそのものが「えさ」である場合がほとんどでしょうから、ここでは触れないでおきます。

もし仮にそれ以外のケースで教える側が「ノーギャラ」だとすると、まあノーギャラなりにしか動きませんよね。ギャラが出る場合とのモチベーションの差は非常に大きいことでしょう。

いずれにしても、「人に教える」「人から教わる」という行為には、(双方が直接ではなくとも)お金を介在すべきだとは思います。

「ノーギャラで教えた」ということは実績になるか

もう少し考えてみます。

「無料セミナー」「無料アドバイス」の類で、「ノーギャラで他人に教えた」ことは仕事の実績となるのでしょうか。

私は以前は「そんなものは実績にならない。実績と謳うべきでもない」と考えていました。

「無料セミナー」「無料アドバイス」なんて、その気になれば何百回でも実施可能です。そんなものに価値があるとは到底思えなかったのです。

今は少し考えが変わってまして、「本人がそれを実績と謳いたければ別にいいんじゃない?」というスタンスです。

「無料セミナー」「無料アドバイス」で経験を積んで、それが仕事なり何なりに繋がるとお考えなのでしたら、それも良いでしょう。

ただ、「無料セミナー」「無料アドバイス」で得られる経験は、「お金をもらって人に教える」という行為で得られる経験とは大きく差があるとは思いますが。

最後に

今回私が取引先のスクールで行う「ブログとSNSを使った集客のセミナー」は、以下の3点に当てはまる方にぴったりの内容です。

  • これから、または将来的にお店(リアル店舗)を立ち上げる個人事業主の方
  • ブログやSNSを積極的に使っていない
  • コツコツ積み上げるのが好き。結果を急がない

ご興味のある方はこちらのページの下部にあるフォームよりお問い合わせください。ご相談は無料です。