読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりらいふ

東京・福岡・北九州のWeb屋ナリシゲのブログ

「良い仕事」とは自分の何かを満たしてくれるもの

ナリシゲ(@nari_104)です。

「良い仕事とは何だろう?」などとよく考えています。

f:id:nari_104:20160906084605j:plain

 

「お手すきのときに~」などといって仕事を頼んでくる人が大の苦手です

上のツイートをもう少し詳しく話しますと、「お手すきのときで構わないので●●をやっておいていただけませんか」の●●は通常は行っていない「契約外」の仕事なんです。ですから、本来なら別料金となります。

「契約に無い仕事を頼みたいのですがいくらくらいかかりますか?」などと聞いてくるわけでもなく、「お手すきのときに~」と言うくらいですから、お金を払う気がないか、または「契約外の仕事にお金が発生することが理解できない」かのどちらかでしょう。いずれにしてもあまり気分の良いものではないです。特に後者だったら先が思いやられます。

「お手すきのときに~」という発言は「仕事が忙しくないときに」程度を意味しているんでしょうが、私のようなフリーランスは「お手すき」になると

  • 好きなこと(仕事以外)をやる
  • 別の仕事をやる
  • 休む

のいずれかなので、「お手すき」なんてないんです。一銭にもならない契約外の仕事をやるための時間など存在しません。

仕事で大切なのはコミュニケーションとお金

しかしこの手の話って、相手との人間関係で答えが大きく変わってきますよね。

別のお客さんからも「お金にならない仕事」を頼まれることがあるのですが、私は何も言わずにその仕事をやります。

何故ならそのお客さんは、普段から私の仕事のことを気遣ってくれますし、何より金払いが良い。「損して得取れ」ではありませんが、一時的に損をしたとしてもトータルでプラスになれば良いと考えています。

 

仮にそれが大変な仕事であっても、コミュニケーションなりお金なりで自分の何かが満たされる仕事が「良い仕事」だと思っています。自分の何かが満たされることで、気持ちよく次の仕事に進めますから。

人間関係ができていない相手から「お手すきのときで構わないので●●をやっておいていただけませんか」などと頼まれる仕事なんて何も満たしてくれません。

まとめ

心か財布が満たされてこそ「良い仕事」だと思います。